2008年 12月 28日
セルフ採寸~肩巾編
今日は自宅で午前中、年内中に引いてしまいたかったパターンを3枚ほど仕上げ、それから自宅の大掃除に突入致しました。例年では29か30日にやるのですが、今年は早めにと言うことで。車を洗い出すと止まらない性格で、終わったのは4時。疲れ切りました。ご褒美に(笑)1クリックお願い致します↓
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m

現在、シャツ生地を使っての商品を開発、思案中です。うまく出来上がれば商品化したいと思っていますが、まだまだ程遠いです。来年は楽しみが多いです。
この前衿廻りのセルフ採寸をアップしましたが、レッスン2、肩巾編です。肩を包む2枚張り合わせたパーツをヨークと言って、シャツのヨークは衿、身頃、後身頃、左右袖と全てに繋がるシャツにとっては非常に重要なパーツです。まるで長野県です(笑)撫で肩、いかり型、猫背など着辛いと思われる体系の違いを一身に請け負う所です。
c0181284_2213634.jpg

まず両肩の上腕の骨と、肩の骨の接点を探してください。必ず凹な部分があります。次に後頭部中心より首を通り過ぎて、首と背骨の接点を探してください。ここにも継ぎ目に凹があります。上に書いた、左肩の接点~首背骨の接点~右肩の接点、これが肩巾の実寸になります。例えばスポーツマンで腕回りの肉付きの良い方や、腕回しに余裕が欲しい方などは両方プラス1cm位が望ましいですね。この時も測られているという意識を持たないで、リラックスして下さい。力が入ると肩が怒ってしまいサイズが若干狂います。これは完全に第3者に委ねないと無理なので、上記3ポイントを抑えれば完璧です。
肩巾を測るとそれと連動した作業で裄丈へと続いていきます。

~セルフ採寸肩巾編に語りて~
[PR]

by h-shirts | 2008-12-28 22:13 | 自分のサイズの測り方


<< 和傘職人      仕事納め&大掃除 >>