2009年 02月 03日
ガゼット ~シャツ基礎ワード~
節分ですね。今年の歳徳神の方向は東北東だそうです。皆さん召し上がられましたでしょうか?我家では自家製の恵方巻で、かんぴょうや胡瓜、だし巻き、椎茸にイカ、サーモン、穴子をオールミックスした直径5cmクラスのもので、東北東向いて目を瞑りしゃべらず食べることは到底無理です(笑)調べたら全国的に広がったのはコンビニ(セブンイレブンが最初)の(売り上げが落ちる2月)販売促進によって大阪船場のごく一部から全国区になったそうですね。オーダーシャツもそういう販促シーズンがこの時期欲しいですね(笑)
c0181284_8343222.jpg

←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


今日はガゼットについて。
ガゼットとは、前身頃と後身頃の合わせた裾の部分を補強する布で、ムーシェやピースとも呼ばれます。弊工房では主にピースと呼んでおり、下画像のようにピースが付いたシャツ裾の形状は前に書いたマンハッタンとは異なり、大きく丸くカットした裾になります。
取り付け場所は裏側部分で、表には裾の形状のみ、隠れ余った場所が表に出ます。
c0181284_8381868.jpg

ガゼットは裾部分の洗濯時等におきるほつれを防ぎ、スラックス、パンツ内での引きつれを防ぎます。工程上複雑になるので割りと高級品に施されている場合が多いですが、カジュアルに裾を表に出して着る場合はマンハッタン裾の方が良いでしょう。主に共生地で作りますが、白生地で作ったり刺繍を入れたりする場合もあります。形状は五角形、六角形、三角(ごくまれに四角というのもあります)とあります。北陸シャツでは主に五角形を採用しております。
c0181284_83507.jpg

五角形タイプ
c0181284_8351471.jpg

六角形タイプ
c0181284_835276.jpg

三角形タイプ
[PR]

by h-shirts | 2009-02-03 21:09 | シャツ基礎ワード


<< エスプレッソ&マカロン      エスプレッソ・マシーン~欧州工... >>