2010年 03月 20日
長男とハートロッカー
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


1日に2回のエントリーは久々?初めて?
*今回はですます調でなくコラム風に言い切りタイプで書き込みます。
最近父親と全く行動を共にしなくなった中2の長男が、「お父さん、ハートロッカー見てみたい」と。2人で出掛けるのは久々とあって、来週ちょっと忙しくなるので土曜残業を決め込んでいたが急きょ変更。18時15分のを金沢で唯一、急きょ上映が決まったユナイテッドシネマへ行ってきた。ちょっと迷ったのが最近Wikipediaで過去の戦争の事や、北の事に興味があるみたいでよく見ているみたいなので、ちょっと刺激が強いのでは?と。前触れでは政治的なメッセージは無いとの事なので、現在の世界情勢を体感する事も悪かないかな?それにPG(ペアレンツ・ガイダンス)12なので、行くぞ!という事で。

緊張の連続なシーンばかりかと思いきや、淡々と爆弾処理班が、イラクで死と隣り合わせに見えない敵と戦っている様子を描いている。私は「ディアハンター」が2度と見たくない最高の戦争映画だと思っているが、これは似て非なるもので、インパクトはかなり強い映像なのに、チームで活動している3人の兵士の心理状態を実に平坦な展開で描いているのが返って引き込まれてしまう。アメリカ人の賞だとは言え、この辺がアカデミー6部門獲得したキャサリン・ビグローの腕前なのか。もうひとつ驚いたのは土曜6時過ぎという時間帯が良いのか悪いのか分からないが、1館のみの上映なのに客が非常に少なかった。これはアメリカ人の映画で、平和ボケしている日本人には商業的には難しいといわれてもしょうがないのかも知れない。
帰りは男2人ががっつり行く場所は麺達(麺屋 達) しかないだろう、という事で(食べるのに一生懸命で写真撮り忘れ)ここで息子と映画の感想や戦争の悲惨さなどを語り合う。「ニュースで実際の映像をよく見てるので、この映画はその延長として見られた」と、ちょっと成長したかなと、戦争映画を見た後にしては、久々に心地よい時間を過ごす事が出来て良かった。ちぢれ系麺が多い中、麺達のストレート麺は実に口に合う。何度食べてもまた食いたくなる。喉がからから、塩分たっぷり、分かっていても汁は啜ろう。
[PR]

by h-shirts | 2010-03-20 23:34 | 雑記


<< benlly's & job      2010春夏トレンドカラー >>