2010年 05月 11日
箱ヒダのループの謎
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


本来ホームページとは別に、シャツ辞典化しようと思って始めたブログですが、最近ではB級グルメブログ化しています(笑)今日はちゃんとシャツのデティールの事を...
c0181284_20595397.gif

上画像はよくボタンダウンなどのシャツに加工されている箱ヒダと呼ばれるプリーツデザインの一種す。本来背中のタックは上半身の動きやすさ、着心地の余裕を後側、後身頃に持たせて、前身ごろは狭くとるとディティール上ドレッシーなのです。サイドのタックを取るよりもセンターに集めてしまう事で背中に出るしわを補正しています。サイドに取るタックよりもゆとりは多くなると考えてOKです。呼び方には他にもセンタータック、ボックスプリーツなどあります。そのプリーツ上によく付いてるのが次のループ...
c0181284_2116517.gif

左からアイビーループ(5mm巾、8mm巾あります)、バイアスループ、アイビーループ縦があります。このループ何の為に付いているか?一番思いつく所はハンガーループだと思います。正解です。(^^;今ほど物が豊富で無い時代、衿を取り外ししながら着用していました。よく昔の時代設定の映画などを見れば分かりますが、今のようなクリーニング業が無かった頃は一度着たからと言って洗濯する訳ではなかったようです。衿だけを取り外し洗濯して身頃はそのまま。その時フックに掛けるために付けられていたという事なのです。今ではハンガー専門店まである時代ですが、当時はハンガーも良いものは無かったようでつるし用に使われていたようですね。その名残がデザインとして今もボタンダウンシャツにセットとして取り付けられています。今でも勿論つるせますが、番手の良い生地などの皺になり易い生地や、型崩れする生地には適しませんのでご注意を。時代背景や、縫製技術の向上、生地品質の向上化で機能自体が不要になって名残として使われているデザインはこの他にも多々あります。工夫された機能的なデザインが使われた時代は、物がなく一つの物を大切に使っていた時代だったのですねぇ..
[PR]

by h-shirts | 2010-05-11 21:43 | ディテール


<< レーシングスーツにワッペンを      GW締めはこれ..金沢カレー >>