2010年 07月 18日
Shirt In or Out ?
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


c0181284_0205786.jpg

もう1週間ほど前だったでしょうか、日経の1面、春秋欄にシャツの裾をインするかアウトにするか、その境目は50代で分かれるという職種柄すぐ目に飛び込んでくるネタが書かれていました。これはラフに上手く着こなせる20代前半の若い世代から目線の極端な例で、インすることが決して格好悪いという事はないです。ただ既製シャツとオーダーシャツのちょっとした違いが裾のユルミなのです。既製品は決められたサイズで着るもので、大体3種類のサイズ分けした作りになっていてその多くが大は小を兼ねる発想で作られます。バランスを取るために裾のユルミ、仕上がりサイズは胸廻りと同じくらいかそれ以上の仕上がりサイズとなっており、裾をパンツ・インするとかなりダボ付きますね。多分まるでギャザーが入ったかの如く行き場のなくなった生地が溢れていると思います。近年の弊社オーダーシャツでは尻廻りのユルミ(ピッタリに測ったサイズに足すゆとり)は極力抑えパンツ・インしてもスッキリ中に収まるように工夫したパターンで仕立てております(勿論体形によっては違うパターンを作製します)ウエスト下部分をベルトで留めてしまうので実質ゆとりはそれほど取らなくてもきつくは感じられないと思います。 私自身も40代中盤を過ぎシャツ+ベルト+パンツというスタイルに魅力を感じております。背中に裾まで長く取った絞り(背ダーツ)を入れたリネン100%のシャをベージュのパンツにナチュラルにインしたスタイル渋いですよね~ 香林坊109のスタバ、オープンテラスでモーニングエスプレッソ片手に逆さの英字新聞でも読みますか...(--;
c0181284_046331.jpg


人気ブログランキングへ
暑いですね~↑これを押して涼みましょう!
[PR]

by h-shirts | 2010-07-18 00:48 | ディテール


<< 休日      クレリックの生地とモツうどん >>