カテゴリ:工業デザイン( 1 )

2009年 01月 04日
欧州工業デザイン
昨晩は同窓会で久々旧友達と楽しいひと時を過ごしました。あまり接点がない人でも時間の力はその壁を取っ払ってくれます。最後まで名前の出てこなかったやつもいたりして..バイキング形式だったので食事もあまりとれず、飲む方ばかりで帰宅は2時半過ぎ。カロリーが心配だがしょうがないと諦め。まだかろうじて眼鏡を外して細目で文字を読んでる友人は居なかったのでまだ若いということでしょうか。
ポチっと押していただければランキングが上がり励みになります。今日も宜しくお願いします。↓
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


c0181284_14431463.jpg

これは私が普段製図に使用しているドイツはステッドラー社のプロ用コンパスと、同社の製図用シャープペンシルです。ドイツノデザインに持つイメージは"重厚"や"硬い"というイメージが強いですね。ドイツのお家芸のエンジン工学や、建築思想のバウハウスにおける合理主義と機能主義が根底にあると思うのですが、印象的には人間のもつ一番基本的なデザインである直線をうまく生かしたデザインが多いと思います。このコンパスにしてもこの重厚なメタリック感。一見使いにくそうな、融通の利かないぶっきらぼうなデザインに見えますが、各節目に曲がり、伸びを設けてあるので非常に使い易いのです。コンパスの役目は円を書く事だけでなく、等分にサイズをマークする機能を備えており、このコンパスはシャツのようにミリ単位で製図をするには重宝します。下のシャープペンシルも製図用に重心がかなり前方に比重を置かれているので、手を添えるだけで綺麗な線が引けます。ノックによる芯の出だしも、10段階位に調整できるようになっていて細く線を引くところ、その逆と機能的になっています。見た目には感じない機能的なデザインは素晴らしいですね。コンパスに至っては3,4千円しますが、一度使うと手放せなくなる文具です。
c0181284_15105333.jpg

これは私の趣味のレコードをかけるターンテーブル(レコード・プレイヤー)ですが、ここでの直線のデザイン、素晴らしいです。これはオーストリアのPro-jectというメーカーで、良質な音を出すためだけのプレイヤー作りに徹底して、リーズナブルなコストパフォーマンスを実現したメーカーで人気です。ここでもトーンアーム(レコード針が付いている所)のデザインに直線を用いエレガントさを醸し出しています。まぁアームが一体型なので針の向きや、オーバーハング調整と言ったところは多少難しくなるのですが。ここでもヨーロッパ工業デザインの合理、機能的な面が出ていますね。ヨーロッパのターンテーブルのデザインには本当に溜息が出るほど、シュールで美しいものはありませんね。まぁそれなりにお値段はするのですが..
オーダーシャツにおいては、人間の体には直、曲線がありとあらゆる所に混在していますので、このような頑デザインや製図は出来ませんが、合理的で機能的な所を隋所に入れるテクニックは持ち合わせていますし、さらに勉強していきたいと思う今日この頃です。

~欧州デザインに学ぶを語りて~
[PR]

by h-shirts | 2009-01-04 15:46 | 工業デザイン