カテゴリ:職人道具( 6 )

2009年 11月 13日
匠の技
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


11月8日の投稿で、湯涌の紅葉は20日頃と書きましたが、温泉の仲居さんの話で大体それぐらいだろうという事で、これだけ気温が下がってくればもうそろそろ綺麗な紅葉風景が見られるんじゃないでしょうか?一応補足しておきます。m(_ _)m
何度見ても気持ちよい北陸シャツベテラン職人さんの匠の技です。裾巻きというシャツのテール部分のボロ隠し作業ですが、一般的には三ッ巻と言います。専用のアタッチメントで瞬時に三つ折りにした生地端にミシンを掛けて行きます。オーダーの場合このマンハッタンと呼ばれるテールカットの傾斜や長さ、形も、お客様のサイズや各ショップによって一枚一枚違うので、アタッチメントのラッパ部分に同じ量の生地を巻き込んでいくにはかなりの経験を要します。

一枚25~30秒の早業です。掃除機のように生地が吸い込まれていきますね。巻き終わったアップ画像↓
c0181284_19521010.jpg

昔はスラックス、パンツ内に収まってい隠れていたこの職人技も、最近ではオープンに裾が表に登場するようになって地味な作業から日の目を見て重要なディティールのパーツと化しております。
[PR]

by h-shirts | 2009-11-13 20:00 | 職人道具
2009年 11月 06日
中国JUKIミシン
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


c0181284_20324946.gif

中国からやってきた新入りです。組み立て中の写真です。結局、性能、耐久性が未知数な中国製(中国での組み立て、製造)のJUKI本縫いミシンを購入。無事納入と相成りました。やはり安さには敵わないこのご時世...大体の生地のタイプに合わせたような中間のミシンタイプなので、平気で目飛び(針が糸をすくい切れず目を飛ばした状態)を起こしたりする可能性があるかも、でもオーダーシャツの場合大体決まった生地種なので問題ないと思います。と伏線を張る業者。今の所素晴らしく軽く軽やかに動いてます。当たりを引いたかな。幸运!谢谢 加油、加油!
WIndows 7は あるところで使える予定があるので、そこで使ってみてからホームプレミアムかプロフェッショナルにするか決めようと思います。でもつくづくXPからの乗り換えはめんどくさい。
[PR]

by h-shirts | 2009-11-06 20:57 | 職人道具
2009年 03月 18日
シンガーのミシンは100年前?
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


先日ひっぱり出してきたシンガーのアンティークミシンは、弊社の会長が昔ディスプレイにと買い集めていたもので、後何台かあるみたいで、これは100年位前のものではないかと..完全手動式で、まさにポータブルミシンの元祖ではないでしょうか。
c0181284_20593363.jpg
c0181284_210013.jpg

ミシンの歴史においてシンガー社の創立者、アイザック・メリット・シンガー氏を抜きに語れません。今世にあるミシンの基盤を作り上げたのはこの人で、このアンティークミシンも現在使われているハイテクミシンもいまだ原理は同じという。上の写真の一枚目、ボビンとボビンケースです。(*ボビンとは下糸を巻くコマのようなもので、それを収納するのがボビンケース)ミシンは上糸、下糸とあって、上糸が下糸を救い上げて編んでいくと言うものですが、このボビンの形状がまだ丸くなく弾丸状のものです。下の写真のようにこのボビンを収納した振り子のような軸が行ったり来たりして上糸をすくい上げ縫っていくという単純なものです。この後現在の丸い形のボビンが完成している事からかなり初期の物ではないかと。ちょっとタイミングがずれているみたいで今の所縫えませんが、手入れすれば縫えそうです。
c0181284_21153021.jpg

トレードマーク
c0181284_2116094.jpg

c0181284_2116199.jpg

惜しい事に装飾部分がもうはげていまして価値も下がりますが、完品であればそれ相応の値段が付くのじゃないでしょうか?まぁ鑑定団ほどじゃないでしょうが(笑)この装飾を見ればミシンがいかに高級品で、ステイタス反映していたか分かりますね。このフォルムといえ、まさに芸術品。
c0181284_21255859.jpg

1850年代にシンガーが特許を取得して以来、150年以上経ったミシンが写真右側です。しかし原理が変っていないというのが驚きですよね。何かの縁という事で週末祭日もあるので必ずや直して縫えるようにやってみます。ミシンに興味ない人は退屈でしょうが暫くお付き合い下さい。
[PR]

by h-shirts | 2009-03-18 21:30 | 職人道具
2009年 03月 16日
アンティークミシン
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


今日はもうヘロヘロです。多分寝不足な方も多いと思いますが、朝からWBC見て、仕事終わったのは一時間前。なんとも長い一日でした。しかし今日の試合ほど、野球はメンタルなスポーツだという事がわかる試合はないですね。正直、日本の最大のライバルはやはり韓国だった。メキシコの方が良かった..かも。
今日探し物があって、会社の倉庫を物色..いや探していたら、妙に引かれるケースが。存在は知っていたものの、開けたことはありませんでした。(よくアメリカ映画とかであるシーンのような(笑))これです↓
c0181284_23415356.jpg

レトロな中にも荘厳なこの雰囲気。日本製では絶対ない雰囲気です。で、中身がこれ↓
c0181284_2344543.jpg

シンガーのミシンでした。これがまたちゃんと縫えそうなんです。かなり古いものですが。仕事上がりが遅かったので、写真はこの二枚しか撮れなかったので続きは次の投稿にて。
[PR]

by h-shirts | 2009-03-16 23:49 | 職人道具
2009年 03月 12日
The Craftsman!(職人)
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


そろそろというか、やっと春の陽気が降り注ぐ今日この頃ですが、私は花粉症(花粉症の方はご心情お察し致します)では今の所ないのですが、この職業には致命的な埃アレルギーであります。耳鼻科で反応を調べてもらったらクロでした。埃に混じったダニなどに敏感な体質で、かかると軽い花粉症の様な状態になります。
花粉が飛ぶ前に病院で予防をしてもらうのが一番良いらしいですね。
c0181284_2231119.jpg

その埃にまみれて45年(以上?)の工房のベテラン職人さんです。裁断の様子ですが、型紙を柄が通るように生地上に重石で固定し、そのわずか0.001ミリ(殆ど真上)横を皮切り包丁で型紙通りにカッティングしていきます。ベテランの技術はその正確さと速さです。型紙を1ミリでも切り落としては、サイズが微妙に変わっていきます。しかし包丁はある程度のスピードをもって動かさないとカーブが特に綺麗に切れません。あっという間に、ミリの狂いなくカッティングしていくその様は、まさにゴッドハンドです。オーダーシャツはまさにミリ単位との格闘なのです。因みにこの皮切り包丁、本人が自分で研いでおり、ちょんと指が刃先に当たっただけでも切れてしまいます。
[PR]

by h-shirts | 2009-03-12 22:43 | 職人道具
2008年 12月 21日
長太郎
お印に1クリック宜しくお願い致します。↓
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


c0181284_21385564.jpg昨日の飲みすぎ食べ過ぎをカバーすべく、初老体を引きずって朝一ジムに行ってきました。2時間ぐらいしか時間がなかったのでストレッチもあわてて、腹筋台にて素早い動作の腹筋を200、筋トレマシーン、腹筋と職業病で肩痛が酷いので背筋、上腕二頭筋を中心に40分位筋トレ=約120Kカロリー、ランニングマシーン8.5km/hで30分、4.12KM =300Kカロリーバイクマシーン10KMで15分 88Kカロリー総計508Kカロリーオフでした。風呂、サウナ10分入ってちょうど2時間。でも腹はぼにょぼにょ..一度太ってしまった肉はなかなかそぎ落とせませんね。お昼は鉄火巻き1本とそば一杯(半玉くらい)こんな感じで行けば痩せれるかな。ジム終えた今日の体重は1.2kg減。ああ、鋏でこの贅肉を切り落としたい.ということで今日のお話は裁ち鋏(^^;



c0181284_21412091.jpg

職人の道具の極み長太郎の鋏。これはかなり前に東京で購入したもので、もちろん現役です。裁ち鋏は刀鍛冶だった吉田弥吉(弥十郎)が舶来の鋏を参考に、総火造りの鋏を開発したのが始まりで、その吉田本家の流れを持つのが初代長太郎です。この鋏は3代目「長太郎」石塚昭一郎氏のもので、それはそれは切れます。まさに刀を2枚合わせた鋏。他にもいろんな鋏を持ちましたが、これほど大胆さと、繊細さが合わさった鋏は他にありません。厚いものはサクサク、薄いものはしんなり刃が入っていきます。はさみ屋さんの話では下弟子をとらなかったとのこと、この3代目で途切れてしまうかも、という話です。やはり需要が減っているからでしょうか。私たちオーダーシャツの仕事は、核となるところは全てハンドメイドです。それは人間には同じサイズを持ち合わせている人が居ないから、機械による作業には限界があるからです。このアナログな作業を守るのはこんなアナログの道具なんですよね。現在ではこの鋏、安くても1本、2万円以上はします。シャツ業界ではこの「長太郎」ブランドが印籠です。↓
c0181284_14514132.jpg


一旦CM入ります。
←クリックお願いします。
お手数ですが、ブログ・ランキングご協力下さいm(_ _)m


c0181284_21512066.jpg

私事ですが、今日は我が家の男女の双子の13回目のBirthdayなので金沢市内のメープルハウスさんの ディナーバイキングへ。最近よくある、前菜やデザートはバイキング形式で、メインはパスタかピザをチョイスするやつです。ここはオーダーデザートと言って、プチケーキの食べ放題に加えて、オーダーを受けてから作ってもらえるサービスがいいですねぇ。息子はバジルのピザを他3人はパスタをチョイス。ここからが凄い!娘と妻はパスタを食べる前にプチケーキを2個、食後に2個、オーダーデザートを3個(2人とも)...絶句。ここはメインディッシュがケーキだから、だって。どおりで前菜あまり食べないと思った。女性の食道から下の構造はよく分からん。とか言ってるともう2度と一緒に行かないのだろうけど..
せっかく午前に落としたカロリー全部戻しました(T T)たぶん2000Kカロリーくらいは摂取してしまった..
c0181284_21514848.jpg


~職人道具とデザートバイキングに語りて~
[PR]

by h-shirts | 2008-12-21 21:52 | 職人道具